教材は増やさない

中学受験のための勉強は効率が大切です。試験の難易度は学校によって異なりますが、基本的にどの学校も試験範囲は広く、全ての何を把握することは非常に困難です。試験対策用に販売されている参考書などの教材は多く見られますが、それらをたくさん購入して勉強に利用しようとしても、あまり良い結果には結びつかないことが多いので、教材は必要以上に増やさないようにしましょう。

膨大な試験範囲全てに対応しようと、たくさんの教材を用意する方も中にはいますが、学校によって試験範囲はある程度限定されてくるので、たくさんの教材を買う前に志望校の試験範囲の傾向を調べるようにしましょう。 過去の試験の資料は学習塾などが保有していることも多いので、学習塾に通わせておくと、より効率良く勉強を進める事ができます。

教材がたくさんあると、どこから手をつけて良いのか分からないのに加え、量の多さのせいで勉強に対するモチベーションも失われがちです。たくさんの教材に一度に手を付けるよりは、子どものレベルに合わせた参考書などの教材一つを、徹底的に読み込むほうが、知識として深く身についてくれます。もちろん教材の質が悪いと、勉強時間の意味がほとんどなくなるので、教材選びは慎重に行うようにしましょう。