記憶する範囲を絞る

中学受験を成功させるためには、どれだけ効率良く勉強していけるかが大切です。学校にもよりますが、受験内容は小学校で習う授業だけでなく、より高度な数学の問題などにも対応しなければならず、求められる勉強時間も相当長いものになってしまいます。そうした長い勉強時間を短縮するためにも、中学受験の際は記憶する範囲を絞り、着実に点数を上げられるポイントを優先して覚えましょう。

記憶する範囲の絞込みは様々な情報を入手した上で行うのが重要です。中学受験の試験問題は学校によって異なり、過去問などを見るとその違いがはっきりするので、それらを参考にすることで、学校ごとに出やすい問題を把握して、より効率良く勉強を出来るようになります。もちろん例外となる問題もあるでしょうが、大まかな範囲を知ることが出来れば、相当楽に試験勉強を進められるようになります。

記憶する範囲が狭まると、より集中して勉強を進められるようになります。範囲が広すぎると、ついついあちこちの範囲に手を出してしまいがちですが、はじめから勉強目標がぶれていると、学ぶべきポイントに到達する前に集中力が途切れがちです。そのままの勉強法だとあまりにも効率が悪いので、子どもの成績が伸び悩んでいる場合は、まず余計な勉強をしていないか確認してみましょう。