計画変更は避ける

中学受験を合格させるには、子どもに多くの知識を身に付けさせる必要があります。大体受験対策のための勉強は、遅くても小学5年生のうちからスタートさせるべきといわれており、そのころには志望校の決定や学習プランの設定をしておくと良いといわれています。この時決めた学習計画は、これから先、可能な限り変更しないようにすると、より効果的に成績を上げられるといわれています。

中学受験のための勉強は、それ相応の時間を掛けて行うものですが、小学6年生にもなれば、本番が近づいてきてついつい親も緊張してしまいがちです。ここで学力が低いと変に焦って、勉強時間を延ばしてしまったり、いつもと違うプランを無理やりさせてしまいがちですが、こうした生活リズムの変化は、子どもに想像以上のストレスを与えることになります。

過度なストレスは、勉強の妨げになります。一見すると勉強しているように見えても、頭が勉強時間の変更に対応できず、集中力が大きく低下していることがあります。こうしたトラブルを防ぐためにも、勉強時間は常に一定のものを守り、その中で重要な科目を担当させるようにすることで、安定した形で勉強を続けることができます。受験寸前で焦っても何にもならないので、受験勉強中は家族全員で落ち着きを持つよう徹底しましょう。