繰り返しの重要性

中学受験を成功させるためには、当然勉強が必要となりますが、中学受験の範囲は広く、幅広い知識が求められます。過去問などを参考に、ある程度の範囲を絞り込むことは出来ても、覚えるべきことは山のようにある野で、少しでも効率良く勉強を進めていくためには、少ない勉強時間を有効活用できるよう、重要な公式などを繰り返し学ぶことで、着実に覚えさせることが重要です。

繰り返して学ぶということは、知識を広げる上で非常に重要です。普段の勉強の合間にほんの少し同じ問題を繰り返すだけでも、数回問題を解くよりもはるかに深く記憶に残ります。繰り返しのコツとしては、初めのうちは間隔を短く置いて、正解率が上がってきたら繰り返しの間隔をあけて、数日に一度の感覚に繰り返すようにしていきます。そうするうちに、しばらく問題を解かなくても、すぐに公式などを思い出せるようになります。

繰り返しの勉強は長い時間が必要に感じますが、合格圏内に入るだけの知識を身につけるには、やはり長期間の学習を続けたほうが確実です。公式などの基礎的な知識は、覚えれば覚えるほど対応できる範囲が広がり、確実に点数に繋げることが出来るので、普段の学習には繰り返しのための時間を用意しましょう。