家庭環境に注意

中学受験を効率良く進め、確実に合格するためには、勉強法はもちろん、家庭環境にも気を配る必要があります。勉強と何の関係があるのかと思う方もいるかも知れませんが、家庭環境の違いで勉強しやすさは随分変わってくるので、効率良く勉強させてあげるためにも、子どもが落ち着いて過ごすことが出来、快適な勉強時間を送れる空間作りを心がけましょう。

子どもの勉強への集中度合いは、周辺環境で随分変わります。例えば子どもの見える範囲におもちゃやゲーム、漫画などの集中を妨げるものがあれば、それだけ集中が途切れやすくなりますし、すぐそばで大音量のテレビを見るような環境では、集中できるものも出来ません。受験勉強を行う際は、予め子どもの近くに遊びに関係するものを置かないようにしたり、テレビなどはなるべく近くで見ないようにするなど、家族で協力するようにしましょう。

家庭環境を良くすることは、子どもの精神の安定にも繋がります。勉強時間に一緒に過ごして、問題の答え合わせを手伝ったり、夕食中に今日あったことを聞いてみたり、積極的に話しかけて、気持ちをリフレッシュさせる時間を作るようにしましょう。こうした過ごし易い空間を作ることで、勉強の疲れが取れますし、家族間のコミュニケーションが増え、精神の成長を促すこともできます。