模試で足場を固める

中学受験は基本的には年単位で準備を進めるものです、数ヶ月で受験勉強を済ませる方法などが紹介されていますが、それらを実現するには、ある程度の下地を用意することが前提であることが多いので、全く準備していない状態から受験勉強を始めるなら、時間を掛けて基礎学力を身につけさせなければなりません。そんな基礎学力の確認は、学習塾などで行われる模試が有効とされているので、合格のためにも積極的に活用しましょう。

学習塾などで行う模試は、全国で共通の問題を一斉に行い、その結果を元に偏差値を調べ、志望校の偏差値と比較するというシステムが一般的です。模試の結果が出た後は、間違えたポイントを確認して、どうして分からなかったのかを洗い出し、問題を解決することによって、本番までに必要な知識を多く身に付ける事ができます。

模試を提供している団体は複数あり、塾によって使っている模試は異なるので、前もって使う模試をチェックしておくと、点数が上げやすくなるかもしれませんが、それだと本当の実力が測れないので、基本的に模試は特に対策をしない状態で始めたほうが良いでしょう。模試の結果が出れば、自然と苦手なポイントや合格までに必要な偏差値などもわかるので、さらに効率良く受験勉強を進められるはずです。