長期休暇を活かす

中学受験に受かるためには、効率良く勉強することが大切です。毎日の勉強ももちろん大事ですが、特に重要とされているのが、夏休みや冬休みといった長期休暇のタイミングで、学校の授業も進まず、自宅学習の時間が大幅に増えるので、この時間を有効活用することによって、さらに成績を上げることができます。もちろん長期期間中の勉強も、効率良く目標を達成できるようにスケジュールを組むことが大切なので、長期休暇を最大限活かせる計画を考えてみてください。

長期休暇の利用法は、子どもの成績や授業の進み具合など、様々な要素を元に決めていきましょう。例えば、どこか躓いているポイントがあれば、相当前に遡っても構わないので、そこを解消することを最大の目標にしたり、先に予習を進めて、次の楽器で周りに差を付け、偏差値の向上を目標にしたりと、明確な目標を設けることで、スケジュールに一貫性が生まれ、効率良く勉強を進める事が出来るようになります。

長期休暇を過ごす際は、子どもに協力を惜しまないようにしましょう。周りが遊んでいるのに勉強しなければならないという環境は、子どもにとって大きなストレスになるので、少しでもストレスを感じさせないように、家族で配慮してあげることが大切です。そのためには、数日でもいいので、家族で旅行に出かけるなど、ガス抜きの機会を用意すると良い気分転換になってくれます。